葬儀に行けないときはどうする

お世話になった方や、親しい方の訃報を聞いたときはできれば参列するのが普通です。しかし、どうしてもいけない事情があるときには葬儀の日に合わせて喪主の宛名で弔電を送ります。友人などで、喪主の名前がわからないときは故人のフルネームを記してご遺族様としても大丈夫です。ただ、葬儀は欠席をするので後日相手先に連絡をしてご自宅を訪問してお悔みをするのがマナーになります。このときに注意したいのが、必ず相手側の都合を優先させることが大事です。訪問ができないときには、お悔みの手紙を添えてお香典を現金書留で届けます。

弔電は時間に気を付けて

関係する方が亡くなって葬儀のご連絡があった場合、ほとんどは急な事ですから、様々な理由でお通夜やお葬式に参列出来ないという場合も考えられます。そういう場合には、弔電を打つのが一般的です。電報はNTT東日本、西日本の両社が扱っているサービスで居住地によらずどちらでも対応してもらえます。お通夜に間に合えばそのタイミングで打ってもいいのですが、大抵は間に合いません。そこで葬儀に合わせて打つ方がほとんどです。おくやみ電報はいろいろな種類が用意されていますが、後日香典を持ってお参りするつもりなら、それほど高額のものでなくても弔意が表せれば構いません。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀の弔電のマナーについて All rights reserved