葬儀における弔電へのお礼状とは

遠方など葬儀の当日にはどうしても参列できないという、故人と親交の深かった人から弔電をいただくことがあります。参列していただいた場合には会葬礼状にてお礼の気持ちをお渡ししますが、その場に来られなかった人には直接お礼を渡すことは出来ません。このような場合には「お礼状」を送ることで気持ちを伝えることになっています。その書き方にも決まりがあります。本来であれば直接会ってお礼を伝えるところを、手紙を用いることで、ある意味すでに略式となりますので、はがきではなく便箋を用いて落ち着いた色合いの封書を利用します。時期は葬儀後すぐに送付とします。

葬儀の際の弔電はきちんとすべき

葬儀に参加するさ際の弔電はきちんとすべきです。亡くなった方の葬儀に行くということは、当然といえば当然のことですが、その方に生前に何らかのでお世話になってきているはずで、その関係で足を運ぶはずなのです。それなのに弔電をきちんとしないのは人としてどうかと思います。(作らないなどというのは論外です。)人生は「出会い」から「別れ」なのですから。そういう意味でも、その辺のことはやはりどんな状況であってもちゃんとしておくのが筋というものでしょう。一番大変なのは残された亡くなった方の家族です。あなた自身ではないのです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀の弔電のマナーについて All rights reserved