葬儀の弔電に関する情報や文例

弔電は葬儀に行きたいけど事情があって参列できない場合に、喪主や親せきに送るものです。弔電を送るのは電話(NTT)で打つ事が一般的ですが(電話番号は115)、郵便局のレタックスなど他の会社でも同様のサービスを行っています。送るタイミングは、遅くても葬儀の告別式には間に合うように手配しましょう。次に文例をいくつか紹介します。謹んで哀悼の意を表します。ご逝去を悼み、謹んでお悔やみ申し上げます。ご逝去を悼み、ご冥福をお祈り申し上げます。ご逝去を悼み、謹んでお悔み申し上げますとともに、心からご冥福をお祈りいたします。ここでは名前を入れなかったけど、冒頭に名前を入れても構いません。

弔電を出す際のマナーについて

親しくしている方が亡くなりましたが、通夜や葬儀にどうとしても参列できない場合には、先に弔電でお悔やみの気持ちを伝えるもの一つの方法です。この場合には、親密さの程度によりまして弔意を伝える方法を考えることも大事です。近親者であれば、弔電を送り、親族の中に通夜や葬儀に参列する人がいれば、香典を託します。また、遺族の意向を確認してから供物や供花を手配します。手紙を添えて香典を現金書留にて送る方法もあります。電報の文例は、いくつか用意されていますので、それらの文例を参考にするとよいでしょう。特にお世話になった方や関係の深かった方には、自分の言葉で送る方法もあります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀の弔電のマナーについて All rights reserved