葬儀の弔電の最低限のマナー

重要な取引先のご家族がご逝去された時です。弔電を打たなければなりませんが、喪主の方が不明な場合が多くあります。通夜や葬儀を行う斎場がわかっていれば、そこに問い合わせすれば、喪主の方がわかります。しかし、訃報の連絡が夜遅かったり、どう手を尽くしても、正確な情報が入手できなくて、喪主が不明な場合は対応に苦慮します。取引先ですから、会社代表者名による弔電一つも出さないようでは、今後の取引関係に影響が出るかもしれません。そんな場合は、宛先に「ご遺族様」「ご遺族一同様」を使います。つまり、故人の姓名に、ご遺族様、ご遺族一同様を連ねた宛名で、通夜や葬儀に電文を打ちます。その電文を披露されても非礼にはあたりません。

弔電を送る人とのお付き合い

葬儀で弔電を読まれることがあります。これは、故人の冥福を祈る物であり、そして人とのお付き合いでもあります。冠婚葬祭の際には、こういった場では人と人とのお付き合いも大事な事であり、それが社会マナーでもあります。特に故人とのお付き合いがあった場合、会社関連では今後のお付き合いもありますから、弔電を出すことはとても大事な事です。ただ、葬儀に参列すればいいというわけではありません。故人とのお付き合いは、残された物にとっても今後も大切なお付き合いともなりますので、大事な事です。そして、そこに日本人としての礼儀もあります。

新着情報

↑PAGE TOP

Copyright © 葬儀の弔電のマナーについて All rights reserved